記事検索
 

2006年02月08日

デューク、ハイエナ誕生秘話(FALCOON BLOG)

「KOF MAXIMUM IMPACT 2」公式サイト内、DEVELO-DIARY「FALCOON BLOG2006年02月06日更新
今まで、プロデューサー就任の経緯やアルバとソワレ、リアンとミニョン誕生秘話が公開されてきましたが、今回はMI1のボス・デュークと実況キャラ・ハイエナのお話です。
ギャングのボス!ということでゴージャンスな柄のスーツをコンセプトににデザインすることはかなり初期から決めてました。
あとはKOF的な存在感を出すか出さないか・・・が問題でしたがMIは基本的にKOFのメインストーリーには絡まないスタンスの作品・・・というのが根本にありますので、なるべく地味に普通の人間を目指しました(クビとかにすんごいキズあるけどねw)

確かにオメガ・ルガールやオロチの面々、ネスツ幹部、ムカイ、マガキといったボスキャラクターに比べれば、普通の人間に近いキャラクターに思えます。雰囲気的に「武力ONE」のボスで「KOF XI」にも登場した「ズィルバー」に近いかもしれません(「武力ONE」がリアルな総合格闘技のゲームだけに、そちらに近いのではないでしょうか?)。

初期のデュークは月華のカガミとかMOWのカインのようなスラっとした20代後半の青年をベースにデザインしてて、ギース没後の混沌としたサウスタウンが舞台なので日本かぶれな部分をギースから受け継ぎ、日本刀とか持ってましたねw

そのままのキャラクターだと、「堕落天使 -The Fallen Angels-」(1998年 彩京)のボス・カルロスになってしまっていたのでは…(汗)。

次にハイエナ。(中略)開発からはボヤッキーみたいなムカつく顔にしてください!というオーダーが来てましたので(後略)

(笑)確かにボヤッキーです。

(ハイエナは)開発途中はパンチとキックと変な対空技だけ入っててプレイヤーキャラをして遊べてたんですがさすがにそれはお遊びだったらしく、サクっと削除されてて泣けました。

あまり需要はないかもしれませんが、プラクティスモードだけでも入れてくれても面白かったかなー、と。またはサンドバック役で(笑)。

今後も様々な秘話を公開してくれそうなFALCOON BLOG、更新が楽しみです。
posted by KOF × C9 Factory at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | KOF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2898999

この記事へのトラックバック